絵画を楽しむ

私は昔から絵画を観るのが好きです。
中高生のときは、美術の教科書や資料集をよく観ていました。
絵画には決して詳しい訳でも特別好きな画家がいる訳でもありませんが、綺麗な絵を観るのが好きです。
絵画のタイトルや説明文を見てもイマイチよく分からない作品や過激な性描写の作品は好きではありません。
以前学芸員の人が『説明文をしっかり見て、絵はサラッとで満足している人がいるが、とにかく絵をじっくり見て欲しい。説明文は簡単でいい。』とお話されているのを聞きました。
確かに説明文をしっかり見ると、絵画を知ったような気になって、肝心な絵画をサラッとしか観ていないかもしれません。
艶つや習慣
それからは美術館に行ったときは、画家の背景や説明文は簡単に見て、絵画をじっくり楽しむようになりました。
美術館特有の静かで品のある雰囲気も落ち着き、好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>